【*2015/06】


by kfushiya
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

クラシカルな蘭葡文化が薫る~Christina Brancoの世界

c0206731_9131870.jpg

↑Custodio Castelo, Portugal Guitar


日本にとっての外国文化とは、もとはポルトガルとオランダである。この2国に懐かしさに似た感情を抱く方々も多いのではないだろうか。双方とも、民族の体格差には雲泥の差があるが、海に出て行った民族だ。海に開けた海洋国家は風通しもよく、独特の風情があって旅情もそそる。

日本を抜きにしても、この2国は思わぬ繋がりが深いのかもしれない。ワールド・ミュージックの隆盛に伴ってポルトガルの民族音楽ファドも世界に知られることとなったが、アマリア・ロドリゲス亡きあとのファド歌手はどれも洗練されすぎている嫌いがあった。HondaのCMから一躍人気グループとなったMadredeusも、通好みではエキゾチックさを巧みに残しながらフランス風に洗練されたMisiaも、時代の流れとはいえ少々物足りない。泥臭さが足りない。そもそも洗練を求める輩がポルトガル文化に辿りつく訳はない。そんな中で「本来のファド」っぽさを色濃く残している女性歌手といえば、Dulce Pontes(ドゥルス・ポンテス)かChristina Branco(クリスティーナ・ブランコ)だろう。クリスティーナ・ブランコには『Sensus』などの佳作が沢山あるが、ここでは『蘭葡文化交流』の一つの集成とでもいうべき誠に渋いアルバム『O Descobridor』(ウ・デスコブリドール=発見者)について触れたい。

クリスティーナ・ブランコとオランダの関わりは深い。もともとファド歌手になる気などさらさらなかったクリスティーナが、何かの素人のど自慢大会で歌ったときに在ポルトガル・オランダ大使がえらく感銘を受けたのである。本国ポルトガルより先に、オランダで成功して逆輸入されたといってもいい経緯がある。アルバム『O Descobridor』は、逆に在オランダのポルトガル大使が、オランダが誇る詩人・Jan Jacob Slauerhoff(ヤン・ヤコブ・スラウアーホーフ;1898~1936)の著作に感銘を受け、「ポルトガル語に訳してCD化したい!」と強く願ったことに端を発する。そこで白羽の矢が立ったのが、オランダとの縁では欠かせないクリスティーナ・ブランコという訳だ。

スラウアーホーフはオランダ北部はフリースランド地方Leeuwarden(ルーワールデン)出身の作家にして詩人。アムステルダムで医学を専攻したが、学問よりはボヘミアン生活にのめり込みボードレールやヴェルレーヌらのフランス象徴主義に傾倒した。卒業後は一旦は医学の道に入るものの、人間関係に伸び悩んで断念、東インド会社に就職する。この東インド会社を契機に、"java- China-Japan Lijn"(ジャワ・中国・日本ライン)、"Holland-West-Afrikalijn"(オランダ・西アフリカライン)などの貿易会社を渡り歩き、日本や中国、香港、マカオといった東方諸国に滞在、エキゾチックな創作のインスピレーションを次々と得ていく。なかでも1932年に発表された、半歴史的・半創作、といえるスタイルの『Het verbooden rijk』(禁じられた帝国?、ドイツ語だと" Das Verbotene Reich"か。なんだか第三帝国を彷彿させるなあ)は、ポルトガルの大詩人・Luis de Camoes(ルイス・デ・カモインシュ、あの「ここで陸尽き海始まる」のカモインシュである)の生涯を題材にした傑作である。後に流行るマジック・リアリズムとか、歴史編さん小説(historiographic metafiction)を一足先取りしていたといえる。後世のオランダ人作家に与えた影響は大きいと見え、このブランコのアルバムのラストでVoiceを担当するのは、現代オランダ文学を代表する作家であるCees Nooteboom(チース・ノーテボーム)なのも見逃せない。

盛り沢山の内容なのでついいろんな人物の名が出てまわりくどくなったが、アルバムをアルバムたらしめるのはまぎれもなくメロディーである。作曲はほぼ全曲、ポルトガル・ギターを弾くCustodio Castelo(クストディオ・カステッロ)だが、非常に趣味の良いミュージシャンである。クリスティーナの抜けるように澄んだ声を引きたてつつも、確実に存在感のあるインストゥルメンタルの世界を影で紡ぐ。しっとりと落ち着いた、ひと昔前のヨーロッパの味わいがある。「ファド・ギター」というと太ってはげた眼鏡の紳士、を想像していたが、本人のサイトを見ていい意味で期待を裏切られた。スキンヘッドがよく似合う、なかなかの男っぷりだ。こんなところにもファド新世代の到来を感じる。

このアルバムを聴くたびに、想像や追憶がポルトガルやらオランダやら縦横無尽に乱れ飛ぶ。Leeuwardenは風光明媚な地だというが、あんなによくアムスに行っていたのに一足伸ばしてサイクリングに行かなかったのが悔やまれる。

c0206731_165272.jpg←ポルトのFNACで購入。紙ジャケのブックレット式。Slauerhoffのマカオ滞在モノクロ写真なども収録されている。ついでに露天で買った金魚のブローチもいかにもポルトガル風のぷっくりデザイン。
[PR]
by kfushiya | 2009-11-25 09:18 | ポルトガル語圏 | Comments(0)