コンサートレヴューのまとめ

c0206731_17132289.jpg

コンサート評のまとめ


New109.Mikhail Voskresensky
http://www.jazztokyo.com/live_report/report857.html

New108.Maria Joao Pires『Partitura Project』
http://www.jazztokyo.com/live_report/report856.html

107.Henri Barda
http://www.jazztokyo.com/live_report/report849.html

106.田崎悦子『三大作曲家の遺言vol.2』
http://www.jazztokyo.com/live_report/report841.html

105.松岡直子(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report547.html

104.大植英次+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report546.html

103.Anne=Sofie Mutter
http://www.jazztokyo.com/live_report/report538.html

102.舘野泉フェスティヴァル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report535.html

101.Pinchas Zukerman
http://www.jazztokyo.com/live_report/report536.html

100.大野和士、Ingolf Wunder+Wiener Symphoniker
http://www.jazztokyo.com/live_report/report534.html

99.Rachya Avanesyan (vl)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report525.html

98.Pietari Inkinen+日本フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report526.html

97.航presents karl2000
http://www.jazztokyo.com/live_report/report517.html

96.Brueggen Project
http://www.jazztokyo.com/live_report/report518.html

95.Mikhail Pletnev, Noriko Ogawa+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report512.html

94.尾高忠明+東京フィル シェーンベルク『グレの歌』
http://www.jazztokyo.com/live_report/report509.html

93.岡田将 バッハ パルティータ全曲演奏会
http://www.jazztokyo.com/live_report/report510.html

92.Denis Kozhukhin (p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report508.html

91.Gerhard Oppitz
http://www.jazztokyo.com/live_report/report503.html

90.Dan Ettinger+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report504.html

89.Wadim Repin
http://www.jazztokyo.com/live_report/report499.html

88.Aldo Ciccolini
http://www.jazztokyo.com/live_report/report497.html

87.Krystian Zimerman
http://www.jazztokyo.com/live_report/report498.html

86.浜口奈々(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report494.html

85.尾形大介ピアノリサイタル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report490.html

84.Dang Thai Son ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会
http://www.jazztokyo.com/live_report/report485.html

83.波多野睦美、栃尾克樹、高橋悠治
http://www.jazztokyo.com/live_report/report486.html

82.黒田京子ソロ公開録音
http://www.jazztokyo.com/live_report/report481.html

81.Maurizio Pollini
http://www.jazztokyo.com/live_report/report482.html

80.松本和将ピアノリサイタル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report480.html

79.Masanobu Kikuchi Piano Solo
http://www.jazztokyo.com/live_report/report476.html

78.Vladimir Fedseyev+Tchaikovsky Symphony Orchestra of Moscow
http://www.jazztokyo.com/live_report/report474.html

77.田崎悦子
http://www.jazztokyo.com/live_report/report471.html

76.Ben Kim (p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report470.html

75.Michel Legran
http://www.jazztokyo.com/live_report/report467.html

74.Ray Chen (vl)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report465.html

73.菅野潤室内楽コンサート
http://www.jazztokyo.com/live_report/report466.html

72.Alondra de la Parra、村治奏一+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report464.html

71.渡辺一正、中村紘子+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report455.html

70.Henri Barda
http://www.jazztokyo.com/live_report/report447.html

69.Gottlieb Walisch (p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report445.html

68.Lukas Geniusas
http://www.jazztokyo.com/live_report/report446.html

67.Mihail Pletnev+Russian National Orchestra
http://www.jazztokyo.com/live_report/report443.html

66.Lise de la Salle (p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report441.html

65.Alexander Romanovsky
http://www.jazztokyo.com/live_report/report435.html

64.Joerg Demus
http://www.jazztokyo.com/live_report/report432.html

63.Ivo Pogorelich 『The Legendaru Romantic』
http://www.jazztokyo.com/live_report/report429.html

62.Maria Joao Pires & Antonio Meneses
http://www.jazztokyo.com/live_report/report513.html

61.伊藤恵ピアノリサイタル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report425.html

60.Aki Takahashi
http://www.jazztokyo.com/live_report/report421.html

59.Food, Nils Petter Molvaer, 巻上公一
http://www.jazztokyo.com/live_report/report422.html

58.山田和樹、小山実稚恵+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report417.html

57.広上淳一+東京フィル、黛敏郎四大傑作
http://www.jazztokyo.com/live_report/report415.html

56.John Lill(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report405.html

55.小林研一郎、中野翔太+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report403.html

54.外山雄三、松山冴花+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report399.html

53.ヒグチケイコ+神田晋一郎『夜の音楽』
http://www.jazztokyo.com/live_report/report397.html

52.Gerhard Oppitz
http://www.jazztokyo.com/live_report/report393.html

51.Lovro Pogorerlch(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report394.html

50.エフゲニー・ザラフィアンツ(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report392.html

49.アナスタシア・チェボタリョーワ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report381.html

48.David Zinman, Yo-Yo-Ma+Tonhalle Orchestra Zuerich
http://www.jazztokyo.com/live_report/report382.html

47.ミラン・トゥルコヴィッチ、野原みどり+都響
http://www.jazztokyo.com/live_report/report375.html

46.The art of Aldo Ciccolini
http://www.jazztokyo.com/live_report/report376.html

45.Mitsuko Uchida&Hagen quartet
http://www.jazztokyo.com/live_report/report374.html

44.Peter Roeselベートーヴェン ピアノ協奏曲
http://www.jazztokyo.com/live_report/report369.html

43.Peter Roesel ベートーヴェンの真影
http://www.jazztokyo.com/live_report/report370.html

42.ケマル・ゲキチ ピアノリサイタル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report367.html

41.Antonio Pappano, サンタ・チェチリア管弦楽団
http://www.jazztokyo.com/live_report/report368.html

40.作曲家の個展2011『三輪眞弘』
http://www.jazztokyo.com/live_report/report363.html

39.新実徳英ヴァイオリン作品展
http://www.jazztokyo.com/live_report/report362.html

38.Martin Brabbins、上原彩子+都響
http://www.jazztokyo.com/live_report/report360.html

37.田代慎之介ピアノリサイタル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report357.html

36.森重靖宗、秋山徹次、Giovanni di Domenico
http://www.jazztokyo.com/live_report/report358.html

35.ミラン・トゥルコヴィッチ+都響
http://www.jazztokyo.com/live_report/report356.html

34.住友郁治ピアノリサイタル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report353.html

33.第21回芥川作曲賞選考演奏会
http://www.jazztokyo.com/live_report/report354.html

32.ペテル・フェレネッツ、小山実稚恵+東京ニューシティフィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report351.html

31.曽根麻矢子
http://www.jazztokyo.com/live_report/report352.html

30.川瀬健太郎、前橋汀子+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report347.html

29.大植英次、小曽根真+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report348.html

28.堀米ゆず子、徳永二男ほか
http://www.jazztokyo.com/live_report/report345.html

27.福田進一(g)ほか
http://www.jazztokyo.com/live_report/report344.html

26.瀬川祥子(vl)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report341.html

25.Piotr Anderszewski(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report342.html

24.Eliahu Inbal+東京フィル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report337.html

23.Stefan Moeller(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report333.html

22.横山幸雄
http://www.jazztokyo.com/live_report/report329.html

21.群馬交響楽団
http://www.jazztokyo.com/live_report/report330.html

20.諸戸詩乃(p)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report326.html

19.田村夏樹
http://www.jazztokyo.com/live_report/report323.html

18.Helene Grimault
http://www.jazztokyo.com/live_report/report315.html

17.第16回ショパンコンクール入賞者ガラ・コンサート
http://www.jazztokyo.com/live_report/report312.html

16.コンスタンチン・リフシッツ(P)
http://www.jazztokyo.com/live_report/report308.html

15.千住真理子
http://www.jazztokyo.com/live_report/report305.html

14.Gerhard Oppitz シューベルト・チクルス
http://www.jazztokyo.com/live_report/report304.html

13.Henri Barda
http://www.jazztokyo.com/live_report/report302.html

12.岡田博美
http://www.jazztokyo.com/live_report/report290.html

11.アレクセイ・ゴルラッチ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report299.html

10.ユリアンナ・アヴデーエワ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report300.html

9.Sidsel Endresen
http://www.jazztokyo.com/live_report/report298.html

8.ペーター・ブロッツマン
http://www.jazztokyo.com/live_report/report295.html

7.ヴァレリ・アファナシェフ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report293.html

6.エリオット・シャープ(g)『SyndaKit』
http://www.jazztokyo.com/live_report/report292.html

5.坂本弘道ソロ公演
http://www.jazztokyo.com/live_report/report289.html

4.岡田博美ピアノリサイタル
http://www.jazztokyo.com/live_report/report290.html

3.Norberto Lobo(g)他
http://www.jazztokyo.com/live_report/report287.html

2.小曽根真Roard to Chopin
http://www.jazztokyo.com/live_report/report288.html

1.ステン・サンデル・トリオ
http://www.jazztokyo.com/live_report/report285.html
[PR]

# by kfushiya | 2015-11-23 20:03 | Trackback | Comments(0)

ディスクレヴューのまとめ

c0206731_17512028.jpg



Reviews on Jazztokyo


New45.Anne Hartkamp & Thomas Rueckert:Dear Bill(November)
http://www.jazztokyo.com/five/five1262.html

44.Jeff Denson Trio+Lee Konitz(October)
http://jazztokyo.com/five/five1257.html

43.Fumiharu Sumitomo:Oratio 2-recital 2014-(October)
http://jazztokyo.com/five/five1258.html

42.Thomas Rueckert Trio:Parvaneh
http://www.jazztokyo.com/five/five1227.html

41.Johanna Schneider Quartet : Pridetime
http://www.jazztokyo.com/five/five1226.html

40.Christophe Schweizer’s Young , Rich, and Famous
http://www.jazztokyo.com/five/five1210.html

39.Samuel Blaser Quartet:Spring Rain
http://www.jazztokyo.com/five/five1209.html

38.Michel Reis Quartet: Capturing This Moment
http://www.jazztokyo.com/five/five1193.html

37.Meeco: Souvenir of Love
http://www.jazztokyo.com/five/five1191.html

36.Gebhard Ulmann: Hat and Shoes
http://www.jazztokyo.com/five/five1192.html

35.Rolf Kuehn; Timeless Circle
http://www.jazztokyo.com/five/five1157.html

34.Christoph Irniger Trio; Gowanus Canal
http://www.jazztokyo.com/five/five1151.html

33.Jeff Denson & Joshua White
http://www.jazztokyo.com/five/five1136.html

32.Peter van Huffel’s Gorilla Mask: Bite My Blues
http://www.jazztokyo.com/five/five1117.html

31.House of Mirrors: Act One
http://www.jazztokyo.com/five/five1118.html

30.Hans Luedmann’s Trio Ivoir: Timbuktu
http://www.jazztokyo.com/five/five1116.html

29.Andreas Kurz Quartet: Caught into Something Turning
http://www.jazztokyo.com/five/five1107.html

28.Donau Wellenreiter: Messei
http://www.jazztokyo.com/five/five1108.html

27.Michael Bates-Samuel Blaser Quintet: One from None
http://www.jazztokyo.com/five/five992.html

26.Michel Reis: Hidden Meaning
http://www.jazztokyo.com/five/five986.html

25.Timcin Sahin Quintet:Inherence
http://www.jazztokyo.com/five/five976.html

24.Samuel Blaser Quartet; As the Sea
http://www.jazztokyo.com/five/five971.html

23.NoReduce; Jaywalkin’
http://www.jazztokyo.com/five/five969.html

22.Jazz非常階段 featuring 坂田明;Made in Studio
http://www.jazztokyo.com/best_cd_2012a/cd2012a.html

21.Nils Wogram Septet; Complete Soul
http://www.jazztokyo.com/five/five945.html

20.Jeff Denson; Secret World
http://www.jazztokyo.com/five/five915.html

19.Ran Blake & Sara Serpa; Aurora
http://www.jazztokyo.com/five/five955.html

18.Peter Van Huffel’s Gorilla Mask; Howl!
http://www.jazztokyo.com/five/five951.html

17.Pão (Tiago Sousa/Pedro Sousa/Travassos); Pão
http://www.jazztokyo.com/five/five939.html

16.Filipe Felizardo; Guitar Soli for the Moa and the Frog
http://www.jazztokyo.com/five/five933.html

15.Henri Barda; 2008年東京ライヴ
http://www.jazztokyo.com/five/five932.html

14.Dislocation; Mud Layer Cake
http://www.jazztokyo.com/five/five926b.html

13.小山彰太/南野梓/谷村武彦/柳川ホウメイ/イトウカズヒト; 悪くない
http://www.jazztokyo.com/five/five926a.html

12.Simon Nabatov Solo; Spinning Songs of Herbie Nichols
http://www.jazztokyo.com/five/five923.html

11.Sunna Gunnlaugs; Long Pair Bond
http://www.jazztokyo.com/five/five913.html

10.Andreas Schmidt; Hommage à Tristano; Pieces for a Husky Puzzle
http://www.jazztokyo.com/five/five907.html

9.Sara Serpa Quintet; Mobile
http://www.jazztokyo.com/five/five904.html

8.Ivo Perelman; Family Ties
http://www.jazztokyo.com/five/five892.html

7.Dan Tepfer; Goldberg Variation
http://www.jazztokyo.com/five/five873.html

6.Samuel Blaser; Confort in Motion
http://www.jazztokyo.com/best_cd_2011b/best_cd_2011_inter_01.html

5.航-小窓の王;Tension
http://www.jazztokyo.com/best_cd_2011a/best_cd_2011_local_01.html

4.Ochsenbauer meets Sokal; Bass Plaer’s Delight
http://www.jazztokyo.com/five/five817.html

3.Gianni Gebbia & Diego Spitaleri; The Melody Book
http://www.jazztokyo.com/five/five806.html

2.Nils Wogram & ROOT 70; Listen to Your Woman
http://www.jazztokyo.com/five/five768.html

1.Nils Wogram & Simon Nabatov; Moods & Modes
http://www.jazztokyo.com/five/five769.html
[PR]

# by kfushiya | 2015-10-14 07:00 | 音楽と日々雑感 | Trackback | Comments(0)

縞猫

c0206731_16239100.jpg

昭和っぽい風景ですがイマです

芸術の秋を満喫、の合間。
[PR]

# by kfushiya | 2015-10-11 16:24 | Trackback | Comments(0)

猛暑&掲載のお知らせ

さくじつは遠方より知人がきたので連れ立って散歩なんぞに出たものの、

c0206731_1624670.jpg

とにかく、暑い!!!!!

行き先かえて早速塩分補給。

c0206731_16243730.jpg

徳島ラーメン


jazztokyo、ディスクレヴュー3点掲載されました。
『Hans Luedmann Trio Ivoire / Timbuktu』
『Peter van Huffel’s Gorilla Mask / Bite My Blues』
『House of Mirrors / Act One』

横井一江さんのシュリッペンバッハ・カヴァーフォトが素敵な号です。恋しやベルリン。
[PR]

# by kfushiya | 2014-07-28 20:20 | Trackback | Comments(0)

路傍

暑いのにけなげに咲いております。
thistle on road
c0206731_17291113.jpg

c0206731_17351750.jpg

[PR]

# by kfushiya | 2014-07-15 17:28 | Trackback | Comments(0)

日々。

c0206731_1337659.jpg


先日の岡山出張の際、おとなりのギャラリーで展示していた備前焼の原田良二氏個展。初日に一目惚れして花入れとどんぶりふたつを購入。どんぶりはシリアルからうどんまで様々に使えて重宝。花入れはどっしりとした一輪ざし。黒味のまさった伊勢崎紳氏の麦酒杯も購入。これで飲むと本当にビールがおいしく、泡立ちのキメこまやか。お二方とも代々つづく備前焼の名門の出。食もふくめた郷土の文化に出逢うのが何よりもたのしい。

c0206731_13442781.jpg

明石港の錨。何だかポルトガルを思い出す

[PR]

# by kfushiya | 2014-07-12 13:47 | Trackback | Comments(0)

ミッシャ・マイスキー&リリー・マイスキー@サントリーホール(2013年12月3日)

c0206731_20134543.jpg

先日偶然訪れる機会のあった千葉在住の某画伯がマイスキーの大ファンでLPがアトリエでも流れていた。そういえば父マイスキーのほうは生で聴いたことがないなあ、と思っていたところへのこの機会。せっかくなので早々に感想をアップする(web時代に則りまして)。昨年、アルメニア生まれの若き鬼才、ラチャ・アヴァネシアンのヴァイオリン聴いた折に相方を務めていたのがリリー・マイスキーで、演奏能力より何よりまずその卓越したパフォーマンス力に感嘆を覚えたものだ。舞台女優に匹敵するような成熟したオーラは生来のものであるといえるだろう。

さて、今回は偉大な父親との父娘デュオ、さぞかし息のあった演奏であろうとは想像がついた。ミッシャほどの大家となれば、やはりコンサートのタイトルはデュオという表記ではなくて「ミッシャ・マイスキーチェロ・リサイタル」となるが、今回もラチャの時と同様、チェロとピアノは分かちがたい不可分なウエイトで終止一貫。プログラムはシューベルトから始まり、ドビュッシー、シューマン、ブリテンで〆るというもの。全体的に楽曲間のみならず楽章間の性格対比がくっきりとした選曲であるが、あまりエスニックではない曲想でのほうがふたりの美点がシンプルに全面へ押し出されていたように思われた。

冒頭のアルペジオーネ・ソナタでは、まだ楽器の鳴りが充分ではなく、少々会場が大きすぎたのではないかと懸念したが、それは徐々に解消されていった。むしろリリー・マイスキーの、あえて音の核心を外堀から埋めていくかのような絶妙な間合いのピアノが、聴き手の想像力を次へ次へと急き立てる。そのピアノの雲をもつかむ、というか、とらえどころのなさは甚だシューベルト的であり、魔性でもある。ミッシャはピッツィカートの部分になるとミュートがかかったようにチェロの声色が一変し、そこで一旦堰き止められたエネルギーが次に本流となって怒涛のごとく流れ出るギア・チェンジの瞬間がみごと。アダージョで聴かせた貫禄たっぷりの叙情性はシンプルかつ至高の音色として聴く者の心をぐさりと抉る。リリーの、微妙なテンポのずらしは音と音との間を幾層にも豊かにするが、逆にソロ・ピアノの場合こういうピアニストは如何なるものだろうかと興味をそそられた(室内楽ピアニストとしてはピカイチである)。

この日の白眉がドビュッシーのチェロ・ソナタ。ピアノの導入部が楽曲全体の雰囲気作りの鍵を握る作品であるが、ここでもリリーのピアノの音色がすこぶる的を得ている。鏡のように硬質で清澄でありながらどこまでも深い音色は、チェロの音の伸びを一層引き立たせる。第2楽章のセレナーデはスパニッシュ・ギターを彷彿とさせる金属質の音造りであるが、チェロから引き出される表情の多様性はかくも豊かかと瞠目する。目をつぶって聴けば、誰もが一瞬ギターと信じて疑わないだろう。フランス音楽特有の香気に、多彩な音色の乱反射がヴェールにくるまれるように響きの次元でふわりとひとつにまとまる姿が特筆もの。

後半のシューマンとブリテンに至っては、楽器自体の鳴りの良さも手伝って、安定した秀演を堪能できた。シューマンの「民謡風5つの小品集」は、クララ・シューマンを想定して作曲された曲だけあって、やはりピアノパートに関心が向いてしまう。夢想的で儚げなニュアンスの演出には前述したように天性のものを感じるリリーだが、若さゆえか揺るがぬ個性というところまでは至っていない。ミッシャのチェロに関しては、シンプルになればなるほど重音で強調されて二重張りにされるメロディライン。聴かせどころをこれでもかと野太く押してくるあたりにいい意味でのスターのふてぶてしさを感じる。朗々と歌ごころが提示されるほどにチェロはベースラインのような役目に回り、それらにピアノが纏わりつき音楽が肉づけされるのだ。阿吽の呼吸の補完関係は、チェロが倍音へ抜けるときもひじょうに自然な空気感を生む。ブリテンでは一転、特殊奏法を駆使した精巧な楽曲造りが奏者ふたりの基礎体力の高さを露わに。豊富な音色のパレットは、乖離と凝集のコントラストも鮮やかなパッションの激しさとも相俟って、ときに視覚的なニュアンスをも生み出していた。第3楽章エレジアでの、骨を削るようなシビアな音圧の運弓、ノイジーなチェロとハープのごときピアノが駆け抜ける第4楽章マルチア、ピッツィカートと連打が生む点描のごときフィナーレのモルト・ベルベトゥオ。ふと目の前に壮大な景色が広がるような錯覚におそわれた(冒頭でふれた画伯をひきつけるのも視聴覚合一のこの眩暈か)。余談だが、女性ではなく男性が前半と後半で衣替えするコンサートも初。自身の魅力とステージ映えを充分に認識しての演出であろう。スター父娘のオーラ溢れる一夜。

«プログラム»
シューベルト;アルペジョーネ・ソナタイ短調D.821
ドビュッシー;チェロ・ソナタニ短調
シューマン;民謡風の5つの小品集op.102
ブリテン;チェロ・ソナタハ長調op.65

*アンコール
鳥の歌(カタルーニャ民謡)〜アルベニス風に(シチェドリン)

«出演»
ミッシャ・マイスキー(チェロ)
リリー・マイスキー(ピアノ)
主催: AMATI
[PR]

# by kfushiya | 2013-12-04 20:16 | 音楽と日々雑感 | Trackback | Comments(0)